結婚写真も個性の時代!東京で自分達らしいポーズでハイチーズ!

サイトマップ

赤いヒール

曇り空での結婚写真 inグアム

29歳での私の結婚写真は、グアムでの結婚式で撮りました。憧れだった海外ウェディング!青い海と白い雲~そして幸せいっぱいな私と彼!という予定でしたが、天気だけは予定通りにいくはずもなく、実際にはどんよりとした寒空の下での撮影でした。
特に前撮りというものもなく、現地に着いてから、まず打ち合わせとドレス選びをしました。なかなかドレスも決められず、追加料金とにらめっこしながら、最終的にはやはり、最初に目が行ったものでドレスは決定しました。
ロケーションは、白いリムジンに乗り、会場へ出発するところから、撮影スタートです。お姫様のようにエスコートされ、幸せ絶頂で白い教会へ。式の前にも最中にも、常に専属カメラマンが、一瞬一瞬を撮影してくれます。気分はモデルです。指輪交換や誓いのキスも、大切な結婚写真となりました。無事に式も撮影も終わり、最後に写真を見ながら、データ量やアルバムの決定をして、帰国後にアルバムが届きました。そして、その時にやっと、こんなに曇天だったのか!と気づいたのです。
ウェディングマジック?とでもいうのでしょうか。結婚写真に浮かれまくっていた私は、どんよりな天気なんて全く気にならず。今では、写真を見るたびに、これが晴天ならもっと素敵だったのかなーなんて思います。ま、思い出が素敵なので、良い結婚写真だと思って飾っています。

ピックアップ

一覧へ

結婚式の写真を見返すことって?

結婚式を挙げると「結婚写真はどうなさいますか?」と大抵の式場で聞かれるのではないでしょうか?その問に「お願いします」と私どもは答えました。もちろん有料であり、決しては安くない結婚写真。それでも一生に一度の晴れ姿だからと多くの方は思うのではないでしょうか?家族や列席者との写真は四つ切りに式場は撮影NGなので正式に依頼、予算に余裕があれば、披露宴もお願いしてフォトブックに。私が行ったのはそんな感じです。式も終わりしばらくして、式場から写真が届きました。親族用にも集合…

Copyright © 2016 結婚写真も個性の時代!東京で自分達らしいポーズでハイチーズ! All Rights Reserved.